農場でのサイレージ診断

乳牛の飼料構成の中で、サイレージは最大で50%を占めます。そのため可能な限り良い品質のサイレージを作ることは、飼料費削減と収益性の向上のために不可欠です。

収穫からサイロ詰めまでの過程において、原料草の葉などは案外多く失われてしまっています。それによる乾物損失は、収穫された作物の10〜30%にも及びます。これらの損失はシンプルで実用的な対策によって、大幅に減らすことができます。

生産者のより良いサイレージを作りと収益改善のために、ラレマンドアニマルニュートリションは、サイレージ診断を開発しました。 このサイレージ診断は、pH、温度、密度、サイロの気密性などの評価基準に基づいて行われ、現在140を超える農場で実施されています。

 

 

診断の結果、大多数の農場でみられた最大の欠点は、サイロ密度であることがわかりました。 サイロ密度は一様に低く、診断したサイロのうち適正な密度で詰め込まれていたのは36%のみでした(トウモロコシの場合の適切な密度は、> 240 kg DM / m3)。 これより低い密度で詰めらると、サイロ内には多くの空気が含まれることになります。その場合サイレージの発酵は不十分となり、乾物損失が増加し、好気的条件下で不安定なサイレージとなります。つまり、給与できず廃棄しなければならないサイレージが、大幅に増えてしまいます。

高い密度でサイロを詰めるには、優れたサイレージ作りの方法とそれに必要な適切な条件をしっかりと満たすことです。サイロ詰めに使用する重機の種類に関係なく、適切にサイロへの詰込みを行えば、必ず適切な密度を達成出来ます。

 

 

ラレマンドアニマルニュートリションは、このガイドにおいて並びにその他のいかなる出版物においても、安全最低基準又は法的基準を指定したり、農場での又は農場周辺での作業・労働に伴うすべての要遵守事項、危険、安全上の問題への対策を示したりする意図はありません。本ガイドは、出発点となる情報を提供しようとしたものに過ぎず、すべての遵守事項、安全情報、警告情報を含んでいると解釈されるべきでなく、また、ラレマンドアニマルニュートリションの方針を代弁するものだと解釈されるべきでもありません。ここに記した情報及びガイドラインの正確性又は十分性に関しラレマンドアニマルニュートリションは一切の担保・保証・代理をせず、また、これに関わる責任・義務は一切負いません。本ガイドの使用者が自らの責任で、関係地域、州、連邦政府の法律・規制・安全基準を確認し遵守して下さい。

コメントを送る

こちらの情報にも関心がありますか?