ホーム / 乳酸菌の選び方

乳酸菌の選び方

サイレージ調製材に使用される乳酸菌は、求めている機能によって、大きく2種類に分けられます。

  • ホモ乳酸発酵を行う乳酸菌 原料草中の可溶性糖類を乳酸に変換します。サイレージの初期発酵を速く進めるために使われ、pHの低下を促します。例えば、ラクティプラントバチルス プランタルムまたはペディオコッカス アシディラクティシ、エンテロコッカス フェシウム、リジラクトバチルス サリバリウスが、ホモ乳酸発酵を行う乳酸菌です。

 

  • ヘテロ乳酸発酵を行う乳酸菌 乳酸だけでなく、強い抗真菌性を持つ酸(酢酸やプロピオン酸等)を生産します。サイレージの好気的安定性を向上させ、サイロ開封後の好気的変敗(二次発酵)のリスクを抑えます。例えば、レントラクトバチルス ブーケンライ 、レントラクトバチルス ヒルガルディ、プロピオニバクテリウム アシディプロピオニッチなどが、ヘテロ乳酸発酵を行う乳酸菌です。

細菌入りのサイレージ調製材には、ホモ乳酸発酵を行う乳酸菌、ヘテロ乳酸発酵を行う乳酸菌のどちらかが1菌株以上、あるいは両方が、様々に組み合わされて配合されています。

原料草の種類、収穫時の乾物率、糖分、蛋白質やミネラルの含有量、その他様々な要素を考慮して、使用するサイレージ調製材を選ぶ必要があります。さらに乳酸菌は酵素と組み合わせて使うことも出来ます。酵素を加えることによって、繊維消化性が向上し、接種した菌のエネルギー源が作り出されます。

選択の基準

サイレージ調製材を選ぶ時には、次の基準を考慮して下さい。

  1. サイレージ調製材を使用する目的: 原料草の種類、収穫時の乾物率等を確認し、使用目的に合ったサイレージ調製材を選んで下さい。
  2. 製品の認可: 国での使用が許可されているサイレージ調製材を使用して下さい。
  3. 機能を裏付ける科学データ:メーカーから、使用予定の原料草を対象とした試験データが提供されているべきです。第三者機関が実施した試験データがあれば理想的です。販売されている製品と、同じ添加量を用いた試験でなければいけません。
  4. 菌株特異性: 細菌は、菌株毎の遺伝的識別情報に基づいて、菌株名が登録されています。例えばレントラクトバチルス ブーケンライ NCIMB 40788であれば、NCIMB 40788が菌株名です。同じ細菌種であっても菌株が異なる場合、同じ機能を持つとは限りません。
  5. 製造の品質: サイレージ調製材は、信用できる製造工場で生産・梱包が行われていなければなりません。ラレマンド社におけるサイレージ調製材の製造工場の様子は、こちらのビデオからご覧いただけます。
  6. 製品の梱包: 細菌入りのサイレージ調製材には、乾燥させた生きた菌が含まれているため、熱、湿気、空気に弱い性質があります。生きた菌を熱・湿気・空気から守るような包装形態が求められます。例えば、高バリア性のアルミホイルによる包装がよく使われています。
  7. 品質保持期限と保存方法:製品内容物を守るためには、製品パッケージに記載されている保存方法を守って下さい。
  8. 製品形状の適切性: 乾燥した顆粒状のサイレージ調製材は使いやすいかもしれませんが、作物の乾物率が高くなるにつれて機能を発揮し辛くなります。液体を添加するサイレージ調製材には、そのような心配はありません。
  9. 添加ポンプ内での細菌の安定性と分散性: 粉末を水に溶かして添加する細菌入りサイレージ調製材の場合、液体中での細菌の生存率は製造技術次第で変わります。またムラなく均一に添加するためには、希釈後に沈殿せず、分散性が高く維持され続けなくてはいけません。
  10. 技術サポート: 何か問題が発生した時にサポートを提供してくれるメーカーの製品を選びましょう。

製品ラベルには、細菌の生菌数、有効成分、正式な認可証明、使用上の注意、安定性、製造年月日、バッチナンバー、正味重量が明示されていなければなりません。また、品質保持期限と保存方法の記載も必要です。

酵素を含んでいる製品の場合、酵素活性の保証値が表示されているべきです。また製品の効果を確認する科学試験と、同等の活性量を含んでいなくてはなりません。酵素の保証成分値がない場合は、酵素は入っていないと考えた方が良いかもしれません。

 

 

細菌入りサイレージ調製材の製品ラベルの例:

コロニー形成単位(CFU)

微生物は大変小さく、1つ1つを数えることは困難です。そのため形成するコロニーの数(CFU)で、その生菌数を表します。CFUを用いると、生きている微生物のみをカウントすることができます。細菌入りのサイレージ調製材の場合、原料草の原物1 gあたり、または製品1 gあたりのCFUを表示するのが通例です。サイレージ調製材に含まれるCFUは、製品により様々です。

ラレマンドアニマルニュートリションは、このガイドにおいて並びにその他のいかなる出版物においても、安全最低基準又は法的基準を指定したり、農場での又は農場周辺での作業・労働に伴うすべての要遵守事項、危険、安全上の問題への対策を示したりする意図はありません。本ガイドは、出発点となる情報を提供しようとしたものに過ぎず、すべての遵守事項、安全情報、警告情報を含んでいると解釈されるべきでなく、また、ラレマンドアニマルニュートリションの方針を代弁するものだと解釈されるべきでもありません。ここに記した情報及びガイドラインの正確性又は十分性に関しラレマンドアニマルニュートリションは一切の担保・保証・代理をせず、また、これに関わる責任・義務は一切負いません。本ガイドの使用者が自らの責任で、関係地域、州、連邦政府の法律・規制・安全基準を確認し遵守して下さい。